MENU

【忠優】【紙の通信教育】小学生向けのおすすめ3選!

「小学生向け紙の通信教育ってどんな教材があるの?」
タブレットと紙の違いってなに?」
「紙教材のメリット・デメリットは?」

とお悩みの方へ!

小学生の成績がグングンあがる紙の通信教育、厳選した3選を紙教材のメリット・デメリットとあわせてご紹介します。

ぜひお子さんにぴったりの教材を見つけてくださいね!
それではさっそくまとめです。

\あなたはどのタイプ?/

教材こんなタイプにおすすめ
小学ポピー・初めて通信教育を受講する
・勉強の習慣をつけてほしい
進研ゼミ小学講座・勉強好きになってほしい
・学びを実践できる力をつけたい
Z会の通信教育・親子二人三脚でがんばりたい
・自分の頭で考える力をつけたい
目次

コスパ良く勉強習慣化!小学ポピー

コスパ良く勉強習慣化!小学ポピー
対象学年小学生1年~6年
発行元新学社
料金2,500円/月〜
内容教科書準拠の紙教材
メリット・シンプルでコスパがいい
・自然と勉強の習慣がつく
デメリット・簡単すぎるという声も

コスパ最強!

コスパ最強な小学ポピーの教材
「まんてんチェック」小テストのようなページ

小学ポピーは、おもちゃや付録がほとんどなく、とってもシンプルな通信教材です。そのぶん他の教材とくらべると安くてお得!で口コミでも大評判です。

安いのに、毎月のフルカラーワークや読み物、子ども向け情報誌、保護者向け情報誌と盛りだくさん。しかも漢字の書き順動画や計算ゲームなど簡単なデジタル教材があります。体験版もあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょう?

初めての通信教育という方やとりあえず試してみたいという方におすすめの通信教材です。

勉強の習慣作りにぴったり!

小学ポピーの口コミではよく、簡単すぎる、物足りないという声があります。

たしかに他の教材と比べると基礎的な内容が多いですが、「問題が解けた!勉強が楽しい!」と達成感がありますね。

「次の問題もやろう!また明日もやろう!」と繰り返しているうちに、いつのまにか毎日机に向かう習慣がつくんです。勉強の習慣作りに特化している!そんな教材なんですね。

勉強の習慣作りにぴったり!
毎日勉強する習慣がつきました
こんな方におすすめ
  • 初めて通信教育を受講する
  • 勉強の習慣をつけてほしい

\勉強の習慣つくこと間違いなし/

楽しみながら実践力を身につけよう!進研ゼミ小学講座

楽しみながら実践力を身につけよう!進研ゼミ小学講座
対象学年小学生1年~6年
発行元ベネッセ
料金2,980円/月〜
内容副教材が豪華な通信教材
メリット・楽しみながら勉強できる
・体験学習や実験が盛りだくさん
デメリット・付録やご褒美目当てになりがち

楽しく勉強できる!

進研ゼミなら自然と「勉強は楽しいものだ!」と思うようになります。子どものやる気を出したり興味を持たせるような工夫がすごいんですね!

楽しく勉強できる進研ゼミの副教材
豪華な副教材たち

たとえば、毎月のように豪華な副教材が届きますし、添削指導を提出するともらえる「努力賞ポイント」を溜めて景品と交換したり。

楽しく勉強できる進研ゼミの添削サービス
丁寧な添削サービス

毎月のミニテストに添削をしてくれます。特に低学年は先生からコメントをもらったり、たくさんはなまるがついてるのが嬉しい!

「よく頑張ったね、来月からも頑張ろう!」と親からも声かけしてあげると、さらに子どものモチベーションアップにつながります。

口コミを見てみると、付録やご褒美目当てになってしまうという意見もありますが、めっちゃ楽しそうに勉強してる姿を見られるならOKなんじゃないかなーって思ってます。

学んだことを実践できる力を養う

副教材が豪華というのはゲームやタブレットだけではありません。

進研ゼミは体験学習や実験を通して科学的思考力を養うことにも力を入れています。たとえば、水の色が変わる実験や磁石がくっつく実験をしたり!

学んだことを実践できる力を養う進研ゼミの実験教材
水の色が変わる実験
学んだことを実践できる力を養う進研ゼミの実験教材
磁石がくっつく実験

体験や実験をした後は、「これは身のまわりのどんなところに使われているかな?」というワークまで用意されていて、親子で楽しみながら科学的思考力を伸ばせる工夫が盛りだくさん!

たまに娘よりも楽しんでるのは内緒です…

今の社会でも「与えられた課題を解くちから」よりも「自分で課題を見つけて解くちから」が求められていますね。こうした体験学習や実験は、ただ学ぶだけじゃなく学んだことを実践できる考え方を養うことができる、そんな教材なんです。

こんな方におすすめ
  • 勉強好きになってほしい
  • 学んだことを実践できる力をつけてほしい

\楽しみながら学びたい子におすすめ/

親子二人三脚で思考力を伸ばす!Z会の通信教育

親子二人三脚で思考力を伸ばす!Z会の通信教育
対象学年小学生1年~6年
発行元Z会
料金3,927円/月〜
内容教科書+αのハイレベルな通信教材
メリット・親へのサポートが充実
・考えるちからが身に付く
デメリット・難しすぎるという声も

親のサポートで学習効果倍増!

Z会は「問題のレベルが高い」とよく言われていますが、これはメリットでもありデメリットでもありますね。

机に向かう習慣がない子や今はちょっと勉強がにがてな子は「うげっ」ってなっちゃうかもしれないですが、勉強がだいすきな子、他の通信教材じゃものたりない子にはぴったりだと思います。

それでも「うちの子やっていけるかな…」と不安になっている方!

安心してください。Z会は親に向けてのサポートブックが充実しています。問題の解き方はもちろんのこと、お子さんへの指導方法や褒め方、声のかけ方までアドバイスがあります。

もちろん勉強を頑張るのはお子さん本人ですが、最大限サポートできるような工夫がちゃんと用意されているんです!

親のサポートで学習効果倍増!
小学生1年のサポートブック

考えるちからが身につく

Z会は「問題のレベルが高い」だけじゃない!口コミでは「問題の質がいい」という意見をよく見ます。私が本当にそうだなーと感じた教材は、オプション講座(別料金)の「みらい思考力ワーク」です。

「みらい思考ワーク」では知識を使って問題を解くのではなく、「考える問題」がたくさん用意されています。たとえば、場合わけで順番を見つける問題やイラストを組み合わせる問題などなど。

考えるちからが身につくZ会の通信教育のテキスト
背が高い順に並べる問題
考えるちからが身につくZ会の通信教育のテキスト
パズルを組み合わせる問題

たしかに学校や教材で学んだことを暗記して解く問題じゃないですね。

こうしたワークを積み重ねることで、単に「勉強ができる子」ではなくて、ちゃんと自分の頭で「考えられる子」に育ちます。「考えるちから」はおとなになってからも、とっても重宝される能力!小学生のうちからグングン伸ばしていきましょう。

こんな方におすすめ
  • 親子二人三脚でがんばりたい
  • 自分の頭で考える力をつけたい

\みんなよりも一歩先へ!/

紙の通信教育デメリットは?

紙の通信教育を始める前にデメリットもちゃんと覚えておきましょう。

教材が毎月たまる

紙の通信教育は、毎月教材がおうちに届きます。何年も続ければ山のように溜まってるかと思いますが、どうしようか悩みますよね。

処分の仕方のおすすめは、

  • 学習が終わった教材は、基本1年たったら捨てる
  • ちょっと苦手そうな分野は残す(だけじゃなくて解き直すのがGOOD!)

とっつきにくさ

宿題やテスト勉強しないといけないとわかってるのに、ソファでごろごろ漫画読んだ経験…みなさんもあるのではないですか?

「机に向かって鉛筆とノートで」やらないといけない勉強ってけっこうハードルがあるんですよね。とっつきにくさが紙で学習することのデメリットです。

一方で、タブレット教材はソファでもゲーム感覚で勉強できちゃうので、すごくとっつきやすいなって思うわけです。

紙の通信教育メリットは?

おすすめしてるからにはデメリットばかりじゃありません。ちゃんとメリットもあるので安心してください。

勉強した実感を得られる

毎月の教材がどのくらい終わったかわかりやすくて
「あと半分くらいで終わる!」
「また明日も頑張ろう!」
って気持ちになりますね。

また続けていくとこれまでの教材をパッと見て「こんなにたくさん勉強できた!」とお子さんの自信に繋がります

努力の証が目で見てわかる。親からしてもこれは嬉しいですね。

記憶に残りやすい

紙に書くことにより、タブレットに専用ペンで書くよりも情報が記憶できるという研究結果があります。

東京大学の研究チームによると、

紙媒体は想起の際の手掛かりが豊富であるため、記憶の定着に有利であることに加え、その高い記憶力を元にした新しい思考や創造的な発想に対しても、役立つと言えるでしょう。

脳科学の根拠にもとづいて創造性などを発揮させるために、あえて紙のノートや手帳などを用いることで、本来求めるべき成果を最大化させることができると言えます。

(参考:酒井 邦嘉.”紙の手帳 VS モバイル機器:記憶想起時における脳活動の差”より引用)

人間の体の仕組みがそうなっているので、勉強時間に対する記憶量は完全に紙の勝ちですね。

小学生向け紙のおすすめ通信教育まとめ

今回紹介した3つはどれもおすすめできる通信教育です!

でもお子さんの学力やタイプに合っていない教材では、前向きに勉強することは難しいですね。
勉強の習慣がついていない子に難しい問題をたくさん解かせたり、学校の授業だけではものたりない子に基礎問題ばかりの教材を選んだり…モチベーションが下がってしまい逆効果です。

今回の記事を参考に、ぜひお子さんのタイプに合わせた教材を選んでくださいね。

教材こんなタイプにおすすめ
小学ポピー・初めて通信教育を受講する
・勉強の習慣をつけてほしい
進研ゼミ小学講座・勉強好きになってほしい
・学びを実践できる力をつけたい
Z会の通信教育・親子二人三脚でがんばりたい
・自分の頭で考える力をつけたい

「紙とタブレットで悩んでる…」方には、だんぜん進研ゼミがおすすめです!

進研ゼミでは紙コース「チャレンジ」とタブレットコース「チャレンジタッチ」の2種類から選ベるんですが、なんと学習途中で変更することができるんです!紙とタブレット、どっちも使ってみて合う方を選びたいという方はぜひ試してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる